MENU

【鈴木芽吹の学歴】小学校や中学校はどこ?高校は強豪校!駒大5区!画像あり

2021年、箱根駅伝は例年にも増して数多くの1年生の活躍が期待。

鈴木芽吹さんはその「スーパー1年生」の一人、注目のランナーです。

箱根駅伝2021往路の5区を力走、3位で確実にたすきをつなぎ13年ぶりの総合優勝を果たしたチームに、貢献しました。

駒沢大学の期待の星、鈴木芽吹さんの出身中学、高校をご紹介します。

まずは鈴木芽吹さんのプロフィールをみましょう。

目次

鈴木芽吹さんのプロフィール

名前: 鈴木芽吹(すずきめぶき)

生年月日: 2001年6月11日

出身地: 静岡県熱海市

身長・体重: 174cm58kg

趣味や家族構成はわかりませんでした。

続いて鈴木芽吹さんの気になる出身中学、高校を見ていきましょう。

鈴木芽吹さんの出身小中学校はこちら

熱海市立泉小中学校

熱海市立泉小中学校(あたみしりつ いずみしょうちゅうがっこう)は、静岡県熱海市泉中学校は泉にある公立の小学校と中学校を併設学校。現在生徒数は50数人と減少傾向にあるそうです。

鈴木芽吹さんはこの自然豊かな環境で幼少期を過ごしたことで抜群の身体能力が培われてきたのでしょう。

鈴木芽吹さんは小学生の時も陸上のクラブチームに所属していましが、中学時代も生徒数が少なく、陸上部がなかったのでテニス部に所属し、隣の伊東市にある「伊東ジュニア陸上クラブ」に所属していたようです。

2016年のジュニアオリンピック 男子3000mでは静岡県1位の成績をおさめるなど活躍。

当時からずば抜けた脚力と持久力、勝負に対する度胸の良さは注目されていたでしょう。

続いて出身高校を見ていきましょう。

鈴木芽吹さんの出身高校、駅伝部は全国屈指の強豪校!

佐久長聖高校(さくちょうせいこうこう)

佐久長聖高校は、長野県佐久市にある私立高校です。

1964年に開校し、1995年からは中高一貫校となっています。

最難関大学への現役合格を目指す「I類」、部活動の両立を目指す「U類」、中高一貫教育「V類」の3つのコース。

運動部も名門といわれる駅伝部、甲子園出場実績や女子バスケットボール部など全国レベルの部活動が多数あります。

駅伝部は22年連続で全国高校駅伝出場し2008年に全国制覇を達成した。2017年には2度目の全国制覇を成し遂げ、全国屈指の強豪校として活躍しているということです。

ここで鈴木芽吹さん以外の出身高校の有名人を見てみましょう

佐久長聖高等学校出身の有名人

菊池彩花(スピードスケート選手(ソチ五輪代表))

高見澤勝(元長距離走選手)

 今井裕介(競輪選手、元スピードスケート選手(トリノ、ソルトレークシティ、長野五輪代表))

佐藤悠基(長距離走選手(ロンドン五輪代表))

島田秀平(お笑い芸人)

以上、多数いらっしゃいます。

続いて鈴木芽吹さんはこの駅伝名門校で大活躍されたようですのでそちらを見てみましょう。

鈴木芽吹さんは佐久長聖高校在学中も大活躍しました!

 

鈴木芽吹さんはこの強豪高校の在学中も1年生でいきなり全国高校駅伝(2017年)ので学校としての9年ぶり2度めの優勝を果たしチームに貢献、3年生ではキャプテンもつとめ活躍しました。

まとめ

2020年11月の全日本大学駅伝で、駒大は6年ぶりに日本一へ返り咲き、鈴木芽吹さんは3区(11・9キロ)を任され、区間5位の好走で優勝に貢献しました。

駒沢大学在学中、今後も全日本大学駅伝や箱根駅伝などでますます活躍されるでしょう。

鈴木芽吹さんは駒沢大学の戦力としてこれからも注目度No.1ですね!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる